注目を集めるコンセプト型賃貸住宅!戸建てで一人暮らしという新たなスタイル

女性ひとりの住まいのかたち

近い将来、女性の4人に1人が生涯独身になるといわれているのをご存知でしょうか。近年ではおひとりさまという言葉も生まれ、終活に至るまで女性が1人でいかに快適に生きていくのかというのをテーマにした特集を目にしたことがある人も多いことでしょう。そのような中で、住宅業界にも女性1人に関する住まいの形は少しずつではありますが変化してきているものの、どれもワンパターンで部屋探しの楽しみがないと嘆いている女性も多くなっています。安心安全なのは当たり前で、それにプラスして魅力のある住まいはほしいというのがシングル女子が求めているもので、その特定ニーズにこたえてくれるようなコンセプト型賃貸住宅というものが増えてきています。

多世代のシングル女子が魅力的に感じる住まい

女性マンションというのもコンセプト型賃貸住宅ではありますが、それよりも注目を浴びているのが、シングル女子が一人で戸建てに暮らすというスタイルです。買うにせよ借りるにせよ戸建てといえばファミリーのものという価値観をあえて崩すことで女性からは好意的な評価を得ています。そもそも戸建てで暮らすメリットとデメリットを考えてみましょう。メリットは上下階の音のストレスがなく、近年増えてきている在宅で仕事をする人にも快適ですし、駐車場の距離が近いことや、収納スペースが多いこと、庭でガーデンニングを楽しめることなどがあげられます。一方、デメリットは防犯面やメンテナンスに手間がかかる点であり、それでも戸建てで一人で暮らすことを魅力的に感じる人は20代から40代までに関しては過半数をこえているのですよ。

セキュリティ面の不安を解消

戸建てを借りて女性が一人で暮らすという新たな賃貸スタイルですが、セキュリティ面を払しょくしたタイプがあるのですよ。それはひとつの敷地内に4棟から6棟の戸建て住宅を建てるということで、つまり、戸建て住宅群を囲む形で塀を設けて、共通の門にオートロックと防犯カメラを設置することによりクリアにしたもので、敷地内に住めるのはもちろん女性のみになっています。住宅街まで密接した関係にはならず、あいさつをかわす顔見知り程度の距離感のコミュニティを形成できるので、いざ災害が起こった時には助け合うことも可能でしょう。戸建てでありながら2LDKにロフトというようなスタイルにして、広すぎて光熱費がかかるという不安に対応しています。シングル女子はもちろん、友人や姉妹とともに、あるいは庭もあるのでペットと共に暮らすこともできますし、卒婚した女性や夫が単身赴任で一人暮らしをしている女性などにもニーズはあるでしょうから、女性の新たな住まいの形として広がりを見せていくことでしょう。

旭川市の賃貸をスムーズに探したいのならば、專門の不動産業者のサービスを利用してみるのは良い方法です。好みの条件の物件を素早く見つけることができて快適です。