窯業系サイディングボードをリフォームするなら覚えておきたいリフォーム方法、再塗装

窯業系サイディングボードをリフォームする手段の一つ

施工が簡単なので費用も安く、時間もさほどかからずに済む窯業系サイディングボードは、日本全国で新築住宅の外壁として幅広く普及しています。しかし時間と共にボード自体が劣化したり、ボードとボードをつなぐ部分であるシーリングが劣化したりなどの理由で、時間と共にメンテナンスが必要になってくることがよくあります。そして劣化がひどくなってくると、こういったサイディングボードにもリフォームが必要になるわけですが、そのリフォーム方法の一つとして行われるのが、既存のボードの上から新しい塗料を塗装する方法、いわゆる再塗装です。

どのようなやり方で、再塗装はリフォームを行うのか

窯業系サイディングボードのリフォーム方法は主に三つの方法があります。サイディングボード自体を張り替える方法、ボードの間のシーリングだけリフォームする方法、そして上記の再塗装です。窯業系サイディングボードは吸水などの理由で劣化し、ひび割れなどを起こすことがありますが、劣化の規模が大きくない場合は、新しいものを貼り替えなくても既存のボードの上から新しい塗料を重ねることで、サイディングボードが本来持つ撥水性などの性能を復活させることができるのです。

再塗装によるリフォームの利点と欠点

再塗装による窯業系サイディングボードのリフォームを他のリフォーム方法と比べた場合、利点と欠点が両方とも存在します。まずサイディングボード自体を張り替えてしまう方法よりも、再塗装で野リフォームは安価で済みます。ボード自体を張り替える場合は150万円から230万円が相場となっていますが、再塗装の場合は80万円から180万円が相場です。また再塗装はシーリングのみをリフォームする方法(12万円~20万円が本場)と比べると高価ですが、シーリングの実のリフォームよりもより安全が保障されたリフォームを行うことができます。一方で、再塗装に使用する塗料をちゃんと選ばないと、5年ほどですぐにまた劣化してしまう場合が少なくないという欠点もあります。

外壁塗装を千葉でする場合は、千葉に存在している外壁塗装業者を利用するといいでしょう。これで家を自分の好きな色に塗り替えることができます。